虫@ふたば[ホーム]


[掲示板に戻る]
レス送信モード
おなまえ
E-mail
題  名
コメント
添付File []
削除キー(記事の削除用。英数字で8文字以内)


画像ファイル名:1516109287445.jpg-(21537 B)サムネ表示
21537 B無題 Name 名無し 18/01/16(火)22:28:07 No.95890 del 18年10月頃消えます
うちのピッピ(ニワトリ)のおやつ。
コオロギさん、脱皮するんだね。
知らなかった。
無題 Name 名無し 18/01/17(水)02:58:21 No.95891 del
    1516125501745.jpg-(18136 B) サムネ表示
18136 B
本文無し
無題 Name 名無し 18/01/17(水)08:19:32 No.95892 del
脱皮する前は羽が短かったり無かったり
無題 Name 名無し 18/01/20(土)21:04:59 No.95902 del
俺のちんこも脱皮します
中学生になるまで知らなかった!
無題 Name 名無し 18/01/22(月)22:45:59 No.95903 del
ニラとか虫とか食わすといい卵産むでよ
無題 Name 名無し 18/01/23(火)08:51:32 No.95904 del
>18/01/20(土)21:04:59 No.95902
>18/01/22(月)22:45:59 No.95903
冬の虫板を数日凍りつかせたサムいレス記念カキコ
無題 Name 名無し 18/01/23(火)18:09:14 No.95905 del
最近、ゴキブリ専用の脱皮防止による殺虫剤が開発されたとか・・・・
記事には「脱皮を始めたけど死んだ」とあったから、結構エグイ状態を想像してる。
無題 Name 名無し 18/01/23(火)21:23:42 No.95906 del
脱皮を失敗させる薬ってことか
無題 Name 名無し 18/01/25(木)13:05:57 No.95909 del
>最近、ゴキブリ専用の脱皮防止による殺虫剤が開発されたとか・・・・
農薬で脱皮阻害剤、変態阻害剤なんてのは結構あるが…
無題 Name 名無し 18/01/25(木)17:56:52 No.95912 del
それが「ゴキブリ専用」だから、そのへんに毒餌撒いても
生態系に影響を与えないとかなんとか。
無題 Name 名無し 18/01/26(金)18:43:57 No.95913 del
    1516959837983.jpg-(38378 B) サムネ表示
38378 B
>変態阻害剤
なんて恐ろしい…
無題 Name 名無し 18/01/26(金)18:59:15 No.95914 del
シーズンオフは住人層が変わるね
インドアがネット知識だけで話してる雰囲気
無題 Name 名無し 18/01/28(日)21:01:43 No.95924 del
>No.95913

さっきダーウィンが来たで海野さん出てたなあ

オオキバドロバチで和名決まっちゃったな
坂口の図鑑ではシナグリスと学名のカタカナ読みだったw

で、「世界の昆虫」では「雨季には獲物が多いので巣に十分な獲物を詰めて
さっさと閉じ、乾季には開いたままで次々に運び入れる」
なんて書いてあったが、番組ではどうも開きっ放しのようだったなあ
無題 Name 名無し 18/01/28(日)21:05:56 No.95925 del
こうなると、トックリバチ類とスズメバチ類の中間段階なんて話もまた蘇ってくる
でも、東南アジアのハラホソバチが娘世代も同居して
巣を建て増す、スズメバチ→ミツバチに対するハラホソバチ→ハナバチみたいな
社会方式なのでますます近くなる

一方、寄生バチからカリバチへの中間段階として
地中のコガネムシ幼虫を
麻酔して産卵するツチバチ、ハンミョウ幼虫に麻酔して産卵するアリバチ、
畳のシバンムシ幼虫を麻酔して産卵するアリガタバチなどが挙げられ、
特にアリガタバチはその勢いでシロアリの麻酔放置を試みたらシロアリの集団に
折角産卵したシロアリを持ち去られ潰されてしまうので
集団で守るようになり、それがハリアリ類になった、とか電波説があったが
ほぼ憶測みたいだなw
無題 Name 名無し 18/01/29(月)22:57:32 No.95932 del
狩りバチとその寄生蜂はいろいろ特殊化しすぎてて
もっと原始的なやつはどっかに現存してないのかしら
無題 Name 名無し 18/01/31(水)08:03:13 No.95936 del
    1517353393505.jpg-(739429 B) サムネ表示
739429 B
東南アジアの巨大ツチバチMegascolia procerの幼虫の宿主は
アトラスオオカブトやコーカサスオオカブト
無題 Name 名無し 18/01/31(水)11:42:53 No.95937 del
この巨大ツチバチかっこ良くない?
やっぱりカッコいいモノ食べてるとカッコよくなるんだな〜(すっとぼけ)
無題 Name 名無し 18/02/01(木)12:57:39 No.95941 del
>No.95936
wikiにはオオカブト属を餌にするのだろうって書いてあるよねえ
でも、実際に確認されてるのかなあ?

日本には何故か、カブトムシ幼虫を餌にする
ツチバチっていないんだよな
ヨーロッパには4cmクラスのがいて、ナシコルニスサイカブトの幼虫を餌にしているという
無題 Name 名無し 18/02/02(金)08:10:21 No.95945 del
    1517526621493.jpg-(839888 B) サムネ表示
839888 B
>ヨーロッパには4cmクラスのがいて、ナシコルニスサイカブトの幼虫を餌にしているという
マンモスワスプことMegascolia maculata
無題 Name 名無し 18/02/03(土)11:51:20 No.95950 del
でもナシコルニスサイカブトって成虫で4cmくらいなのに
それを餌にするハチが(ずっと細身とはいえ)長さ4pになるのか

それから皮算用すると、幼虫が凶暴なオオカブトではなくて成虫で
体長6cmオーバーのグヌーサイカブトの幼虫を餌にする方が有り得るかもなあ
個体数もこっちの方がずっと多い

更に東南アジアには5p近いシロコフキコガネとかチャイロコフキゴガネとかもいるので
その幼虫も餌にしてるかもなあ

コーカサス幼虫を餌にしたら8cmになったとか
ゾウカブト幼虫を餌にしたら10pになったとかなら
面白いが、そんな飼育情報もない
無題 Name 名無し 18/02/03(土)20:16:31 No.95952 del
そもそもスペシャリストじゃないの?
いろんなカブトで飼育できるようなジェネラルな種なんかなぁ
無題 Name 名無し 18/02/04(日)10:24:54 No.95954 del
子供の頃刷り込まれたカブトムシへの愛情のおかげで
宿り蜂を育てるためにカブトムシの幼虫を犠牲にするとか聞くと
恐ろしくて心が震えるよ・・・
無題 Name 名無し 18/02/05(月)22:47:11 No.95963 del
コーカサスやアトラスなどは幼虫時代にやたらと凶暴なんだよなあ
手を近付けると温度に反応するのか知らんが噛み付いてくる
下手すると間違って自分の腹に噛み付いて自殺してしまう場合すらあるという

これについて、天敵のが接近してきた時に噛み殺すためでは?というんだよな
3齢初期〜中期でこれが顕著になり、特にコーカサスでは朽木の深くに潜り込んで
そこでかなり大きな空洞を作っていたりする
無題 Name 名無し 18/02/06(火)19:01:26 No.95969 del
幼虫同士共食いさせることで栄養状態のいい強固な個体を生き残らせたいのかな
無題 Name 名無し 18/02/08(木)18:49:47 No.95977 del
日本にいたらカブト養殖業者を困らす害虫扱いだろうね
無題 Name 名無し 18/02/09(金)10:18:57 No.95984 del
カブト養殖の傍らにヤドリバチ標本屋もやりそう
無題 Name 名無し 18/02/11(日)00:20:16 No.95985 del
>マンモスワスプことMegascolia maculata

日本にも2cmくらいだけど、似た蜂が居るね。
コガネムシの幼虫相手だから小型なんだろう。
ヒメハラナガツチバチと言ってどこでも居るみたい。
うちの庭でも地面からモゾモゾと現れるのを何度も見たから。
無題 Name 名無し 18/02/14(水)13:36:48 No.95992 del
昆虫のようなシンプルな生き物は大体アミノ酸で成長するように出来てる
大抵の種が昆虫ゼリーで飼育できるのもそういうこと
種で食べ物が違うのは単に競合しないようにしてるだけの話
だから一つの食樹や朽ち木に多産する種は他の個体は餌としての前提で生む
結局は他の個体もアミノ酸でしか無いわけよ
無題 Name 名無し 18/02/15(木)19:50:44 No.96004 del
それにしても競合を避けるってのも面白い話ではあるな
どうやって食うもんを見分けているのだろう
ただの好き嫌いみたいなもんだろうけど、それを本能に組み込んでいるのが凄い

【記事削除】[画像だけ消す]
削除キー
- GazouBBS + futaba-